製作お役立ち情報年齢別だからわかりやすい!子ども向き粘土の種類&選び方

年齢別だからわかりやすい!子ども向き粘土の種類&選び方

見て〜!こんなに沢山作品を作ったよ!
わーすごい!
粘土は学べる事も多いしとっても良いあそびだよね
え!そうなの?
楽しい遊びかと思っていたよ!
じゃあまず子どもに身につく力から一緒にみてみよう!

まず知りたい!粘土遊びによって身につく子どもの力

子どもはみんな粘土が大好き!ちぎってこねて夢中になって遊びます。

そんな人気の高い粘土遊びですが、実は子供にとってとても良いメリットが沢山あるんです!まずは箇条書きでメリットを紹介します。

  • 粘土は直接手で触れ感触や形の変化重さなどを感じながら作品を作る事が出来る。
  • 粘土は手を通してイメージした物を形に表現できる為表現する力が身につく。
  • イメージした形を作れない子どもも偶然出来上がった形をへびやキャンディーなど見立てて遊ぶ事でイメージを言葉にして表現する事が出来る。
  • また粘土の見立て遊びの過程を踏む事で指先の発達と共に形を作る事の面白さに気づき、次第に作りたいものを考えて形を作る事の楽しさに気づくようになる。
楽しいのにこんなにメリットがあるなんて粘土ってすごい!
そうだよ!
粘土は色々種類もあるから年齢によって遊び方を変えられるところも良いよね
種類‥
粘土って1つじゃないの?
粘土は種類が沢山あるんだよ!
次は粘土の種類について説明するね

抑えておきたい!子どもが使いやすい!粘土の種類

用途や材質の違う種類の粘土が沢山販売されています。

ここでは乳児さんが安全に使えるものから幼児・小学生が使いやすい粘土の種類と特徴について紹介します。

小麦粉粘土

小麦粉粘土は化学物質を使わず、水・小麦・塩のみのシンプルな材料で作られた粘土です。

特に安全性が高い為、口に入れてしまう危険のある乳児さんにオススメの種類です。

硬さは適度に柔らかく、よく伸び力の少ない乳児さんでも感触を楽しみながら作品づくりを楽しむことが出来ます。
また、市販のものは発色も綺麗なので感触と一緒に色も楽しんで遊ぶ事も可能です。

紙粘土

パルプを原料に水や糊を混ぜて作られた乾かすと固まる性質の軽い粘土です。

主に幼児期から使用することが出来、作品を保存したい際に使われています。
安価で購入できるので子どもがたっぷり粘土遊びする際に適しています。

また、紙粘土は色を絵の具で着色して遊ぶことが出来ます。
方法は粘土に絵の具を練り込む方法と乾燥後に上から着色する方法があります。

あとから着色をした方がイメージに近い色を出せる為幼稚園や小学校では乾燥後に着色する場合が多いです。

油粘土

幼稚園・小学校で一般的に使われる粘土です。

ずっしり重い粘土で固まることなく繰り返し形を作って遊ぶ事が出来ます。

粘土同士をくつけて力を加えるだけで粘土同士を接着する事が出来るので、形を作る上で表現の幅が利きます。

重い粘土で伸びが悪い点があるのである程度力が付いてきた幼児から小学生に適しています。

軽量樹脂粘土

大人も作品作りに使う粘土で軽くて伸びもよく幼児〜小学生にも扱いやすい粘土です

紙粘土と少し似ているように感じますが、軽量樹脂粘土の方が伸びがよく乾燥後の強度が強い点です。

価格は紙粘土より上がりますが作品を長期間綺麗に保管したい場合には軽量樹脂粘土がオススメです。

たしかに特徴が全然違う!
そうなの!
だから粘土の種類の選びは大切なんだよ。次は種類も含めて具体的に粘土の選び方について説明するよ

これでOK!粘土の正しい選び方

ここでは数多くある粘土の種類から一番適した粘土の選び方を紹介します。

年齢に合っているか(安全性・扱いやすさ)

年齢が低いほど扱う力が少なく伸びの良い粘土が使いやすいです。

また乳児期の子どもが粘土の感触遊びをする際は口にしてしまう可能性も踏まえて安全性の高い小麦粉粘土やお米粘土など化学物質が使われていない粘土が安心です。

用途に合っているか

粘土によってその特徴は様々なです。

まずは子どもに作ってほしい作品を決めてから適した粘土を選んでみてください。

繰り返し遊びたい場合:油粘土

乾かして作品にしたい場合:紙粘土・軽量樹脂粘土

年齢別!HOKETオススメ子ども向け粘土まとめ

沢山種類が出ているだけに年齢や用途など少々選び方も複雑な粘土ですが、ここではHOKETが厳選した子どもが扱いやすい粘土を乳児・幼児小学生に分けて紹介します。

【0・1・2歳】安全に楽しく感触遊びが出来る!オススメ粘土

プレイ・ドー 8色セット こむぎねんど

〈オススメポイント〉

  • 食用ではないものの小麦から作られているので子どもがなめてしまっても安全
  • 柔らかいので年齢が低い子どもでも扱いやすい
  • たっぷり量が入っていてコスパ◎
  • 色数が多い
    (赤・オレンジ・黄色・白・緑・紫・青・ピンク)

〈デメリット〉

小麦粉粘土特有の使っている最中に小さな破片がポロポロ落ちると言う声もあるようです。

銀鳥産業 ギンポー お米のねんど 12色

〈オススメポイント〉

  • 小麦粉粘土同様な、化学物質を使わずに作られているので子どもがなめてしまっても安心。
  • 発色が綺麗で色を覚えながら粘土遊びを楽しめる
    (黄色・黒・青・赤・白)
  • 粘土以外にもへらや下に粘土シートが付いてきてスグに遊べる

〈デメリット〉

硬めの粘土で固まるのが早いです。
特に冬など空気が乾燥している時期に使う際は一気に全ての粘土を出さない工夫や、保存方法に気を付ける必要があります。

【3歳〜小学生】表現の幅が利く!作品作りに適しているオススメ粘土

パジコ かるいかみねんど かるがる ホワイト

〈オススメポイント〉

  • 安価で沢山量が入っていてお得
  • もっちり柔らかい粘土でよく伸び子どもにも扱いやすい
  • 芯によくくつくので工作に便利

〈デメリット〉

大きく形を取るのには便利ですが細かい表現をしたい場合には不向きです。

パジコ ハーティクレイ 200g 白 3107

〈オススメポイント〉

  • 手にくつくことがないので扱いやすく手も汚れず粘土遊びを楽しめる
  • カラー展開も豊富で色が綺麗
  • 粘土特有の匂いがない
  • きめの細かい粘土で作品が綺麗にして仕上がる
わー!色々な種類の粘土があるんだね
そうだよ!
次は楽しい粘土遊びを紹介するね

これは楽しい!粘土の遊び方

粘土は子どもにとって様々な力が身につく上に作る過程も楽しい製作です。
HOKETではそんな粘土を使って作る楽しい作品作りのアイディアを多数紹介しています。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

これはハマる!集中力が続くカラー粘土作り

この記事では白い絵の具と水彩絵の具の赤・青・黄のみを使って粘土遊びをしながら楽しく色の混色をお勉強出来ます。

もっと作ってみたいの声続出!普段遊びが長く続かない子も思わず夢中で取り組んでくれますよ!

カラー粘土製作はこちら
プレゼントにもおすすめ!大人気の着色粘土で作る製作遊び
粘土製作を楽しもう! 粘土製作は指先の運動にもなるほか、想像力を養う良いトレーニングにもなります。また、こねて丸めて作品を作る粘土製作は子供達に大変人気がある製作の一つです。プレゼント用製作のみならず…

子どもも出来る!粘土のフェイクスイーツ作り

粘土製作でオススメな本物みたいなお菓子作りです。

この記事では様々な粘土で作る簡単なお菓子の作り方が紹介されていますよ!

粘土スイーツ製作はこちら
「これって本物?」お店屋さんごっこにも使える粘土で作るスイーツ
粘土スイーツ製作の前におすすめの絵本 『からすのおかしやさん』 からすのぱんやさんで有名なかこさとしさんの絵本です。 和菓子も洋菓子も沢山のお菓子が盛りだくさんに登場しますよ! スイーツ製作をやってみ…

子どもの作品募集中!


お母さん・お父さんはもちろん、保育園・幼稚園・絵画教室単位でのご利用もOK!